カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ちわびて

 猛烈な春一番が通り過ぎ・・・
待ちわびた春の陽光が、硬くなっていた身体を、優しく揉み解してくれる。
しかし本当に今年だけはいつもより冬のマフラーが長く感じられた。

・・・・それだけに待ち遠しく、いつもより愛しく感じられるのは私だけではないと思う。
庭の桜の蕾も膨らみ、燕も挨拶に来てくれた、お陰で花粉症も吹っ飛んだ。
(スタッフ曰くそれは花粉症ではございません、単なる風邪です。)

なんだか身体の芯がムズムズ(懐かしい言葉か)してきませんか?
タブレット端末を部屋に置いて、外へ飛び出しましょうよ!
待ちわびた春を、身体いっぱい受け取る為に・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sandentea.blog104.fc2.com/tb.php/986-961c9c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。