カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

野鳥が少ない・・・

 昨年から今年の春にかけて・・・・
いつも賑やかしてくれる、あの野鳥たちがやって来ないのだ。

窓際でいたずらする「ジョウビタキ」が来なかった。
「ムクドリ」も見ないし・・・特に小さい鳥が見えないのだ。

「ヒヨドリ」はやって来るけれど、いつものように群れを成して庭の南天の実を食べにこない。
だから・・今年の庭には赤い実が未だタワワだ!!
 巣作りの先発隊「シジュウカラ」もやって来ていないし・・・・

専門家の方も「こんなに少ない年は初めてだ!」と言っている。

今年も5月に「野鳥展」を計画していたが、写真の相澤さんが「今年は何も撮れていないので・・・」と、このままでは開催できない・・・

天災地変に敏感な野鳥達の自然の成り行きなのか?
我々人間の業が招いた事への反証なのか? 
なんとも寂しい春の訪れである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sandentea.blog104.fc2.com/tb.php/979-8c3ce9b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad