カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

忘れられない。

 あれから一年経ちましたね。
先日からメディアでは朝から晩まで、あの時の情報を流しています。

多くのメディアは「忘れてはいけない・・・」と声を荒げて謳っていますが・・・

「忘れたい」と心の中で叫んでいる方々も沢山おられると思います。
人それぞれ、あらゆる立場の人たちが、一年前の今日の出来事をしっかり噛み締めて、
そして自分なりに消化して、前を向いて進んでいる人もいれば、それが出来ない人もまだまだ沢山居られます。

この物忘れのてぁ爺でさえ、羽田でのあの時を今でも忘れられません。
あの日、あの時は、みんなの心の中で止まったままなのです。
少しでも時間が動くように、すべき事が山積しています。
相変わらず国はあらぬ方向を向いていますし・・・・・

しかし我々は生きている以上、進まざるをえません(どちらを向こうが)。
忘れようが、忘れまいが、せめて下を向かずに生きたいものです・・・・

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sandentea.blog104.fc2.com/tb.php/978-e105ee7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad