カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

節電に思うこと

 いよいよ猛暑の夏がやってきそうです、昨日のTVでも都心のブラックアウトについて報じていましたが・・
我々真庭に住む者には関係ないわ・・とも言ってられません。すべていろんな繋がりがあるからです。
てぁ爺も7月の下旬に東京へ行く予定ですし・・・・(非常用携帯品の用意がいるかな?)
我々がいかに電力に頼った生活をしているか、よく考える必要があると思います。

 この商売をしていると、切実です。つい先日もお昼の営業時間中にしかもプライパンを振っている最中に、「バチッ」と言う音と共にブレーカーが落ちて、サア大変!店は暗くなるし、換気扇は止まって、湯気や煙が客席の方に・・・「ごめんなさ~い」と言ってあわててブレーカーを復帰させました。原因はすぐ解ったので自分で直せましたが(こうみえても電気関係は多少いじれるので)夜だったら大変でした。
 
特にこれから心配なのが空調です。冬はストーブやひざ掛けで何とか凌げたりしますが、夏は団扇で水着?(ちょっと嬉しい人も)と言うわけにはいかず、客商売ですから・・・暑い外から涼しいお店に・・・と言うお客様が多くなりますので。・・・・・・カキ氷始めます!!

南と西側の木の剪定もいつもより少なくし緑で暑さ対策をします。(田舎だからこそ)
照明も調光器があるので、少し落として温度を上げないように・・・・
換気扇や扇風機を上手く利用して・・・・等等。
色々考えて工夫するしかないと思います。いい方法があれば教えてね!

自信を持って実行しているのが、地産地消ですかね?地元のお野菜を使うだけでも、フードマイレージを減らせますし、それに掛かる電気も削減できますので・・・ すこ~しお役に立ってます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sandentea.blog104.fc2.com/tb.php/783-1ec77d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad