カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

身土不二で

 震災後、はや3週間を迎えようとしています。被災者の方には申し訳ないですが、こちらもいろんな影響が出始めました。一番早かったのは生ビールで、当店はアサヒの「琥珀の時」という限定ビールを使っていますが、震災の翌日に「工場が被災の為、出荷できません、何時になるかもわかりません。」と言う連絡を受けました、ワインも関東北部の倉庫が全滅のようですし。3日目には生クリームが、パックの工場被災で切れてしまいました。兎に角輸入物も関東に業者が集中しているので、混乱しています。 地元の卸業者も未だに今後の予定が把握できないようです。
 地元のスーパーも品揃えが減ってきていますし、関東以北の野菜や食品が当然ですが入らないようです。

よく解らないのが「水」です。震災後、あれだけ安値で積まれていたペットボトルの飲料水が、あっという間に無くなりました。被災地に送るのでしょうか、勝山でも箱ごと買ってかえる方が行列です。まさかご自宅用ではないですよね? TVで都内のスーパーで「乳児に悪いんなら、私にも悪いんでしょうからね~」と言いつつ買い込んでいるシルバー世代のおじさんに、やるせなさを感じました。これじゃ水も無くなるわ!

 その点、この地域は有り難い事に美味しく安全な水道水は豊富ですし、寒さで少し遅れてますが、露地モノの春野菜がこれから出回ります。てぁのメニューは一部を除きご安泰です。

 以前から身土不二をモットーに「玄米菜食」を続けてきたお陰で何の不安もありません。

 皆さんももう一度、食についてよく考えてみませんか?
自分達の地域が如何に恵まれているかと言う事を・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sandentea.blog104.fc2.com/tb.php/735-1cfbaaaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad