カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

清々しい新年

 本日より営業を始めました、朝いつもより早く出勤です。ピーンと凍りつくような川風が頬を撫で、身体が一気に目を覚まします、、「さあ今年の始まりだ」と気合が入ります。
 そんな2011年のはじまり、厳しいけれど何時もより清々しいのは何故でしょうか?

「今までどうり普通にやってください」とか「いつ行ってもゆっくりできるように、暇なほうがいい!」などと、・・・・沢山の応援団の声が・・・中には我儘な声も聞こえますが・・・賀状やメールで本当に有り難いお言葉が・・・ 還暦と言う事で、皆さん一気にやさしくなっちゃって!!  決して年寄り扱いはしないでくださいませ。
 ということで、今年は清々しい一年をおくれるように努めます。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sandentea.blog104.fc2.com/tb.php/689-b3802f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad