カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

何故、こだわるのか?

 何故、てぁは地元の野菜にこだわるのか?
「イタリアンなら、魚介やお肉にもっと珍しいものを出せばいいのに!」と言うような自称グルメの方が時々言われますが・・・・
そんな事は、8年もやってれば判ります。 でも究極のグルメならわかるとおもいますが、どんな食材もとれた場所で、出来るだけ手間と時間を掛けずに頂くのが最高の場合が多いようです。(中には時間を掛けて美味しくなるものも多数ありますが)
 
 てぁはすでにご存知のように、ひたすら地元真庭のお野菜を、自家製トマトソースをベースに調理してお出ししています。
 トマトはみ~んな知っているように抗酸化作用の高い野菜です、それと、地元の野菜を採るという事は、旬!すなはち「季節の物」、これから来る寒い真庭の冬を越す為に身体を芯から温めてくれる、根菜やイモ類、白ねぎ、生姜など、世の中エコだ・省エネだ!と叫んでいますが、一番の省エネは食事で身体を温めたり冷やしたりする事ではないでしょうか?
 日本の野菜には四季があるから美味しく戴けるし、それによって環境にあった身体を作ってくれます。先ごろ流行のノロウィルスやインフルエンザ、花粉症やアレルギーなど・・・食をいい加減にしてきたツケが回ってきているような気がします。
 好き嫌いを中心に偏った食事をしているから、弱い身体を作っているのではないでしょうか?
てぁ爺は最近ますます(孫が増えるたびに)、その事を考えます。
 
「野菜だけじゃイタリアンじゃないでしょ!」と言われそうですが、珍しい、世界の肉や、魚、珍味などをふんだんに取り寄せて使って「高級イタリアン」なんて言ってるのは日本国だけでしょ!!
 地中海エリアの国や特にイタリアでも殆どの庶民は地の食材を上手く使って健康に暮らしていますよ!

もし、食材の輸入が止まったらどうするんでしょうね、生き残るのはうちの様な店だけじゃ!!・・すみません、言い過ぎました。・・・・か?   今日も頑固なてぁ爺です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sandentea.blog104.fc2.com/tb.php/679-17a17d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad