カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

民王

 木曜日に図書館で本を借りた。

池井戸 潤 「民王(たみおう)」

5月末発刊のエンタテイメント政治?小説である。
参院選直後のねじれ国会の最中、まことにタイムリーな作品で、
チクチクした風刺も効いて、久しぶりに大声で笑ってしまった。
360ページの作品だが、休憩時間にあっという間に読み終わってしまった。
まさにエンターテイメント! 気分転換に最高の作品である。
  ぜひおすすめ・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sandentea.blog104.fc2.com/tb.php/585-97488f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad