カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

限りなく無農薬で

今日、玄米を作ってくれている森本の昭さんが、「今年は無農薬でやってみょうと思う」と言う一言。
それはすごいけど、大変! 水は大丈夫なのか? たまたま彼の田圃は周りによその田も無く、水のルートも良いようで、完全とはいかないかも知れないが、期待している。 彼とは長い付き合いで、昔、酒米の「山田錦」を一緒に作ったこともある、拘りおじさんである。 「やはり家族が安心して食べれる物を作ろうと思う!」・・・孫が出来てから余計その事があるようで、納得である。
農薬については私自身勉強不足で、解らない事が多い。しかし、
例えば除草剤を使うと庭や畑は綺麗になるけれど、芝生だけは枯れませんとか、作物には大丈夫とか・・・100%そう言えるのか?、例えば家の庭は元々芝生を植えていたのだが、今やイングリッシュガーデン状態。ご近所の方々に草殺し撒けばいいのにとか、いつも汚い庭とか言われ・・・
 でもご迷惑は掛けてないと思いますけど・・・もうすぐねじれ花も生えてきますし。杉苔も綺麗ですよ。
店もご存知のように草まみれ、畑にも除草剤を当然使いませんから手入れが大変、先日もローリエにアブラムシが付いたのですが、薬でなくミルクを散布しました。バジルやミント、その他のハーブを生で使いますので、農薬も使いません。
 手入れの無い庭! 畑!と言っておられる方も多いようですが、春のスミレも、夏のホタルブクロも綺麗じゃないですか・・・それが雑草だと言う人もおられますが、我々が食べている野菜も元は草です。
 
 お年寄りが、一人暮らしで、「庭の手入れも出来ん」とこぼされています。いいじゃないですか、出来るだけで、無農薬のイングリッシュガーデンなんですから。

これから色々勉強していきます。安心安全の為に・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sandentea.blog104.fc2.com/tb.php/565-f5e012f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad