カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

ちょっと、ものを書くということ

 今日、作品展の入れ替えがあり、夕方の休憩時間に、明日から始まる「美甘守武 ガラス絵展」の作品を搬入した。
毎回美甘さんの作品展のタイトルというか、ご挨拶のコメントを書かせて頂いている。
短いコメントというか、決して詩的ではなく・・・ 俗に言う「乱筆乱文お許しください」の類である。
 普段このブログでも訳の解らんことを書いているが・・・・
本来、だらだらとこういう文章というか、どう評価してもエッセイにはならないが、書くことが嫌いではない。
両親が、何を思ったのか?雅文という名前をつけたものだから・・・ 若い頃は、将来みやびな文章を書く小説家にならなくちゃ・・・とは思わなかったと記憶しているが。

 しかし、なににつけ書くことは難しい。 何せ書くとあとに残るからである。  その一言、責任とれ~
     世の中に多い、無責任に言いっぱなしが一番かもしれない・・・・いや一番である。 
  だってそういう人って、「記憶にございません」と言っては何かと得してるもん!! 多分! いや絶対!

 先日、美甘さんに、「栗田さんはマメにブログを更新して、すごいな~」と言われ、「いやいや平均したら週に2回くらいですよ・・・最近店が暇なので書いてますけど・・・良くない兆候です。」
 本当は、もっとこのブログを見てくれる方が増えればやる気が出るんですが・・・ なかなかつらい・・・です。
・・・・もとい!  いやいや頑張らねば・・・・ 先輩を見習って。

 見習うと言えば・・・オコガマシイデスガ!  このブログのリンクにある、「つれづれ日記」のレイチェルさん
この人はすごい。半端じゃない! 書くことがお仕事とは言え、尊敬します。皆さん是非読んでみてください。

 最近出会ったのが、神様クラスのお方、兵庫の版画家で、岩田健三郎さんの「へらへら通信」の中の「へらへら日記」、これには驚きました、 なんと文書がすべて手書きなのです。版画も素晴らしいですが、彼のエッセイも何ともつぼにはまると言うか・・・大好きでございます。 近い将来、てぁで岩田さんの作品展が開けたら最高なんですが・・・

 まあ世の中すごい人が一杯でございます。 かくして、、雅文、改め・・・乱文となる・・・??

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sandentea.blog104.fc2.com/tb.php/501-7abd9f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad