カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

子供は正直

 当店の常連さんには、けっこう子供が多い、しかしファミレスと違って躾のよい子供達だ・・

今日も小学生の野球少年が来て、いつもの和風カルボナーラを一気に食べて満足気だ!!
お母さんが「外食はてぁしか行かん!言うんです~、しかも和風カルボのみ、困ったもんです。」いやいや、てぁは嬉しいばかりです。 
また別の子は「クリームソース」しか食べない。「ピザはてぁのマルゲじゃ!!」と言う悪ガキもいる。
 とにかく子供の常連さんが多い、しかも長い付き合いなので成長が見れて楽しい限りだ。
子供は意外と味に厳しいので、かえって調理には気を遣う、できるだけ味が濃くならないよう、辛くならないように・・・ 量も考えながら・・・美味しくないと食べずに残す・・・正直なのだ!!
慣れてくると、みんな何故かカウンターに座りに来る。そして調理を覗き込む・・・面白い!
またまた、調理師を目指すような子が出でくれれば、なお嬉し!!

いよいよ来年でてぁも10年になる。 み~んな大きゅうなったな~ 
 ・・・てぁも育っているのでしょうか???
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sandentea.blog104.fc2.com/tb.php/1101-8252c289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad