カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

嬉しい電話

 今日夕方、電話で「こんにちは、てあさんですか?●●と申しますが17日のワークショップの予約をしたいのですが・・」
「え?ハイいいですよ・・●●さん?ひょっとして・・・美甘の■■くん?」
「はい、僕はオルゴール、弟の●は旗揚げ人形を予約したいのですが・・」

 あまりの落ち付きと礼儀正しさに、こちらの方がどぎまぎしてしまった。
保育園時代からよく遊びに来てくれた腕白坊主が・・・と思うと、あまりにしっかりした言葉に、てぁ爺ウルッ!!
うれしいな~ 正しく成長してるな~

世の大人どもよ! 反省しなさい。
日本にもちゃんとした文法と話し方があるのです。

最近真庭の若い人たち(含む子供)の言葉があまりにも汚いのに閉口している、てぁ爺。
・・・・本当に嬉しい電話でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sandentea.blog104.fc2.com/tb.php/1031-3b2128da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad