カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

渡辺洋子作品展

009.jpg

スウェーデン織を続けて 60年・・・
渡辺洋子さんの織物作品展

本日~12月29日

彼女の作る作品は本当に暖かい。足守の木のお宅でクーちゃん(ラブラドール)と二人で、薪ストーブを囲んで毎日コツコツ作品を作っておられる。その生活ぶりは北欧の森の中の生活のようだ。そんな中で齢80の渡辺さん、元気だ! 本物を追求してこられた厳しさと温かさが彼女の作品には感じられる。  今回もラグマットが欲しいと思う。 
スポンサーサイト