カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

花火で憂さ晴らし

ブログの画面がおかしくてごめんなさい。
直す方法も解りませんので・・・・辛抱して下さい。


 
「ど~ん」と、真っ暗な夜空に極彩色の花火が上がると、観客からわ~っと歓声が上がり・・・夏の風物詩ですね。
今日は落合花火。地元の方も大変でしょう・・・この不景気の中、寄付金を集めるのも年々難しくなっているようで、花火の数も減っているようです。 こんな時に夜、電気を消して花火を楽しむのですから、中電さん、ど~んと寄付してあげて下さいな。

「浮世の憂さを忘れましょう花火」を東北各地、いや全国にも上げて欲しいものですね・・・・
主催 原子力安全保安院   協賛 電力会社各社で

 繋がってるから話は早いし・・・・ねえ、いい企画でしょ!! 
スポンサーサイト