カフェてあ おやじのひとりごと

田舎の暇なカフェのオヤジが、お客様が癒される店作りをする事で、初めて自分が癒されることに気付いてしまったという。こころ温まる「アートで美味しい」よもやま話。

ニャロメ!!

厳し~い・・・6月も今日で終わります。
梅雨の影響? それとも景気? はたまた自民党?
国民は、梅雨のじめじめと、政(まつりごと)のもやもやに、もう本当にうんざり!!

いやいや、他でもない自己責任でしょうね。
ときどきですが、自分の方向性が見えてこないことがあります。この年になっても・・
こういう時は、ギャラリーに出品していただいている作家の方にも申し訳なく・・・
しかし、てあのオジサンは信じているのだ、理解してくれているお客様を。
見守ってくれている人達がいることを・・・・
 でも、見守っているだけでなく、たまには飲みに来て頂戴!!
さあ、明日からまた、心機一転なのだ!
美味しい玄米ランチを頑張るのだ! ニャロメ!

・・・・と、何故か我々アラ還世代のお父さん達は、亡き赤塚先生の「これでいいのだ! 頑張るのだ!ニャロメ!」と言って自分自身を勇気付けるのであります。
ありがとう・・・ニャロメ
スポンサーサイト

FC2Ad